リンク
華東貿易

作品画像をクリックすると、拡大図版が表示されます
愛新覚羅・毓嶦
愛新覚羅・毓せん
春暁 春暁
【春暁】
1983年作。
孟浩然・春暁詩
138×34cm・軸装
\120,000
自我作古

【自我作古】
「自ら新しいものをつくり、
のちの人がそれにならう」の意
34.5×45.5cm・裏打ち
\32,000
行雲流水

【行雲流水】
「雲や水のように執着せず、
自然にまかせる」の意
45.5×34.5cm・捲り
\30,000
自在天

【自在天】
気ままで自由な境地のこと
45.5×34.5cm・裏打ち
\32,000
南山寿

【南山寿】
長寿を祝うことば
34.5×45.5cm・裏打ち
\32,000


愛新覚羅・毓嶦
(あいしんかくら・いくせん)

字は君固。1923年生まれ、恭親王溥偉の七子。
清滅亡後、亡命先の大連にて生まれる。
皇族の子弟を自己の側近として養成したいという溥儀の要望で満州国の宮廷で教育を受ける。
'39年「恭親王」の爵位を継承。中国最後の親王(ラストプリンス。)
幼少より書を好み、清朝に伝わる書の流派を修める。
'45年敗戦後から'49年まで溥儀とともにソ連に抑留され、 中国引渡しで撫順戦犯管理所に収容となるも、不起訴釈放。
その後、文化大革命による強制労働などで書活動中断の憂き目に遭う。
'79年釈放。北京で書法活動を再開。
現在、中国書法家協会会員、北京書法家協会会員、中国老年書画研究会創作員など。
行書、草書を得意としている。 溥儀自伝『わが半生』に、号の君固から「小固」という名で登場する。


李志賢


李志賢
厚徳載福

隷書横批【厚徳載福】
捲り 35.0x131.0p
\50,000
唐詩1

【唐詩-楷書幅】
捲り 28.0x68.0p
\18,000
唐詩2

【唐詩-楷書幅】
捲り 41.0×68.5cm
\35,000
甲骨文七言聯

【甲骨文七言聯】
捲り 34.5x69.0p
釈文:日在林中初入暮,月来窓前分外明。
\48,000
李志賢(リシゲン)
1950年生まれ。上海の人。
中国書法家協会会員、上海書法家協会理事、
元朶雲軒古玩公司業務副総経理などを歴任。
  現代中国書道界に、正統伝統芸術思想に実験した数少ない、個性的な書家です。
  書は殷商甲骨、秦漢金文に追う、中鋒は千古に変わらない芸術の精髄を悟る。
甲骨金文の書は堅緊、清剛で、金石の気品がある。
秦漢の隷法を学ぶ、敦厚素朴で、用筆は渋らない。
六朝隋唐の楷法を取り入れ、厳密峻整、鄭道昭の風格、褚遂良に似る、換えて自分の風格になり。
  行書は蘇東坡、黄山谷に習い、疎密開閉に法度があり、書巻の雅韵がある。
  草書は繚繞、誇張を求めず、一筆一筆分かり易く、流暢淳厚で、晋唐の風韻があり、時趣の異る。
幅広く国内外の書道展を出品し、書道、碑拓考証の論文を多く発表し、数多く書道関係の書籍は編集した。
著は《中国篆書大字典》シリ-ズ、《秦漢碑刻校勘図》、《書法与碑拓十講》、
《中国書法篆刻大辞典》、《中国美術大字典》など。
伍蠡甫

伍蠡甫顔
伍蠡甫(ごれいほ)
1900-1992
号は敬盦。 翻訳家、美術理論家、
文学家、国画家。
復旦大学教授や故宮博物院顧問
などを歴任。
黄賓虹の教えを受け、
石濤に心酔した。

伍蠡甫1 伍蠡甫2 伍蠡甫3 伍蠡甫4
【設色山水図】
軸装 40.0x93.5p
\200,000
簡経倫
簡経倫顔
簡経倫(かんけいりん)
1888-1950
字は琴石、号は琴齋。
号に千石楼主など。
広東番禺の人。
書法、篆刻に精しく
篆隷は古朴な趣きがあり、
章草や六朝碑版の文字も残す。
篆刻は古璽印、秦漢、封泥、
さらには甲骨文字も取り入れた。
簡経倫1 簡経倫2
【臨漢隷】 1921年作・裏打ち
\160,000
宗孝忱

宗孝忱(そうこうしん)
1891-1979
字は敬之,江苏如皋の人。
民国初年、如皋師範卒業後に
東京大学法学に留学、
後ち、東京大学、早稲田大学など中文教授。
1953年台湾へ、台北師範大学、
台湾大学の教授。
台湾版《中文大辞典》顾问の一人、
台湾教育界には国学大師に尊敬されている。
詩文詞典、文字音韵、経史など精通し、
書法も善くし、特に小篆を精した。
宗孝忱1 宗孝忱2 宗孝忱3
SHS-2615【篆書・賈島《剣客》】
裏打ち 42.0x75.0p
釈文:十年磨一剣、霜刀未曾試。今日把似君、誰有不平事。
款識:岳予先生正篆、弟宗孝忱
ツ印:宗孝忱(白文)、敬之摹金石文(朱文)
\128,000
章炳麟
章炳麟顔
章炳麟(しょうへいりん)
1869-1936
字は枚叔。号は太炎
浙江省余杭県の人
幼少より考証学を学び、兪樾に師事。
その後、日本に亡命し、
梁啓超や孫文らと交流した。
辛亥革命に大きな影響を与え、
孫文・黄興とともに、
革命の三尊と呼ばれる。
章炳麟1 章炳麟2 章炳麟3
【篆書《史記》節録】 126.5×39.0cm
釈文:出師以討強胡、南馳始使以誚勁越……(略)
ツ印:章炳麟印(朱文)、太炎(白文)
\380,000
夏壽田


夏壽田顔

夏壽田(かじゅでん)
1870-1937
字は耕父,号は午詒、直心翁。
湖南桂陽の人。
光緒二十四年(1898)榜眼,
翰林院編修,
官は刑部郎中、山西清吏司行走など。
辛亥革命後、湖北省民政長、
大総統府秘書、
国史館顧問に兼ねる。
王闓運の弟子、
詩文、書法、篆刻なども善くした。
夏壽田1 夏壽田2 夏壽田3 夏壽田4
SHS-2616【行草書軸】
軸装 140.0×34.0p
釋文:明明百草頭,明明祖師意。正賞笟離回,
一復同題地,老大不風流。
款識:鴛小備伶俐,明明百草頭,明明祖師意。龐公父女題地。
偈子功仁兄先生印可 辛未七月 直心居士夏壽田時年六十有二。
ツ印:夏壽田(白文);收藏印:洙潘氏珍蔵(朱文)
\280,000
高毓彤

高毓彤(こういくとう)
1877-1956
字は淞荃,号は潜子。
直隶静海(天津)の人。
光緒二十八年郷試で解元、
光緒二十九年(1903)進士となって、
また翰林院庶吉士、散館となって
翰林院編修を授かる。
経史子集、医卜星相および甲骨文、
鐘鼎文詩文に精通し、
書法なども善くした。
高毓彫1 高毓彫2 高毓彫3
SHS-2614【行書五言詩幅】
軸装 33.0x133.0p
釈文:蒙東山雲……懐人コ延儜。
款識:君石先生大雅正之,高毓彤。
ツ印:高毓彤字潜子(白文)、癸卯翰林(朱文)
\180,000
楊草仙

楊草仙
1838-1944
草仙は号であり、名は夢台、字は永光。
四川簡陽縣の人。
詩書や中国医学に通じ、
思想家・慈善家としても知られ、
関東大震災の援助にも尽力。
晩年は各地を遊歴し、
朝鮮や日本に及んだ。
狂草に長じた。
楊草仙2 楊草仙3 楊草仙4
YHO-2722【草書幅】
規格 43.5×148.0p
釈文:難有百術、不如一清。
款識:丙寅米叟楊草仙
ツ印:筆臺花梅夢中人(白文)、楊夢臺印(白文)、草仙(朱文)
\68,000
方 済

方 済
1838-1944
名は方済、字は巨済、西園は号。
山水・人物・花卉を能くする。
乾隆60年(1795)歿、76才。
方済1 方済2 方済3
JMD-2503【神農図】
規格 72.0×30.5p
釈文:十年磨一剣、霜刀未曾試。今日把似君、誰有不平事。
款識:西園方済
ツ印:方済西園(朱文)
\80,000
呉榮光

呉榮光顔
呉榮光1 呉榮光2 呉榮光3 呉榮光4

呉榮光5
呉榮光(ごえいこう)
1773-1843
字は伯栄、または殿垣。号は荷屋、可盦、
石雲山人、白雲山人とも。
広東南海の人。嘉慶四年の進士。
金石に精しく、書や画を巧みにした。

HKJ-2308【行書五言聯】
軸装 123.0×31.0p
釈文:崇山有鳴鶴
静流無躁鱗
落款:筠如先生正
庚子十月呉榮光
ツ印:呉榮光印(白文)、
荷屋(朱文)
\280,000
金禹民

金禹民(きんうみん)
1906-1982
原名馬金澄,字は宇民,
のち禹民に改め,金姓とする。
号は宜斎、彝斎、西橋,
晩号は単臂翁、自耕老人。
満州の人。
寿石工に學ぶ、
書法、篆刻なども善くした。
金禹民1 金禹民2 金禹民3
CY-2701【篆書・杜甫詩】立軸
軸装 31.0× 64.5p
釈文:岐王宅里尋常見,崔九堂前幾度聞。
正是江南好風景,落花時節又逢君。
款識:杜甫詩【江南逢李亀年】 金禹民
ツ印:金禹民印(白文)、宜斎(朱文)
\120,000
張培

張培(ちょうばい)
字は抱一。
浙江平湖の諸生、医者。
文の誉れ高く、
古玩器や書籍を好んだ。
張培1 張培2
張培3 張培4
【勧架図扇面】
裏打ち
\120,000
楊峴

楊峴(ようけん)
名は顯。字を庸斎、季仇。
号は庸齋、見山、藐翁、遅鴻残叟。
浙江省帰安の人。
咸豊5年(1855)の挙人、
松江知府を歴任。
書は漢隷を精研,
とりわけ礼器碑を好み,
遒麗で変化の多い筆致をもって
一家を成した。
その門下に呉昌碩らがいる。
楊見山1 楊見山3 楊見山4

楊見山5
SDO-2621【隷書五言対聯】
軸装 146.0×38.5p
釈文:群書一萬巻,兵法五十家。
款識:玉卿仁兄總戌大人属。遅鴻残叟楊峴
ツ印:臣顯大利(白文)、藐公(朱文)
 \850,000
注文・問い合わせメールはこちらへ トップページに戻る
Copyright (C) 2012 Kato-Trading Co., Ltd. All Rights Reserved.